2010年02月22日

5km

今日は皇居1周5km、35分でした。
足は痛くならなかったです。
靴のおかげでしょうか。
posted by たびのくま at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

3.5km

新しいシューズで3.5kmを22分でランニングしました。
足が痛くなりませんでした!
posted by たびのくま at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

暮れは31日までお仕事で、
お正月の3が日は知人のお店のお手伝い、
4日がボランティアで5日がお仕事始めでした。
そんな中、感動的な番組をいくつか観ました。

激走モンブラン!〜166km 山岳レース〜
[BShi]12/28(月)
日本でも競技人口が急増中のアウトドアスポーツ「トレイルランニング」。その世界最高峰といわれるレース「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」にテレビ初の密着取材。
鏑木毅(かぶらきつよし)氏、3位でした。
http://tsuyoshikaburaki.livedoor.biz/
http://www.trailrunningworld.jp/

モンブランが美しくて魅力的でした。


7サミット 極限への挑戦
NHK総合、1月4日
エベレストなど、世界7大陸の最高峰「7サミット」に、自らカメラ片手に撮影をしながら挑戦し続ける登山家・栗城史多さんを描く絶景満載のドキュメント。氷河の裂け目を飛び越える! 切り立った絶壁をよじ登る! 驚くべき映像の連続に加え、命がけの挑戦やクライマックスの極限状態での決断を伝える。NHKの新春を飾る、美しくそしてドラマチックな、見応えたっぷりの73分。
栗城史多氏のサイト。
http://kurikiyama.tv/

栗城氏は自ら撮影しています。すばらしい映像です。


ハイビジョン特集「絶景 エベレスト街道をゆく〜標高5000m 天空のトレッキング〜」1月5日
地球の屋根ネパール・ヒマラヤ山脈。シェルパのガイドで、全長60kmの「エベレスト街道」を15日間をかけて踏破し、神秘の絶景エベレストの頂を仰ぐ旅。

これは撮影スタッフの顔は出ないで、シェルパを撮影していました。
シェルパもエベレストなどに同行登山しますが、
いままでに50名以上が山で命を落としているそうです。


ハイビジョン特集「白夜の大岩壁に挑む〜クライマー山野井夫妻〜」1月6日
世界最強と称された登山家・山野井泰史、日本人女性クライマーの第一人者・妻の妙子。致命的なケガから5年、2人がグリーンランド・未踏峰の大岩壁(オルカ)に挑んだ姿を記録した。
http://www.magic-mountain.jp/yamanoi/

山野井夫妻ともうひとりの3人で氷河の上の岩壁に登ったのですが、
カメラマンも撮影のために登っていて、すばらしい映像でした。

山野井氏の言葉、
何度も練習したらできるようになる、ということが経験からわかっている。
技術よりもモチベーションが大切。
というのが印象的でした。

posted by たびのくま at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

初ランニング

今日はNSVAのイベントに参加して、ランニングしました。
http://www.nsva.or.jp/

オリンピックに3回出場している宇佐美彰朗氏が代表です。
http://www.usami-akio.com/

最初に宇佐美氏のウォーキングレッスンでした。

足の親指、小指、踵の3点で地面を捉え、体重を載せます。
そして膝小僧が足の甲の上に乗るイメージで、1本の線の上を歩くように足を運びます。
手はお祈りする角度から、肘の先端を前後に動かすイメージです。
ジョギングは、ウォーキングから少し前傾することで速めに足が運び出されます。
膝を運ぶイメージです。

その後、鈴木邦雄氏により視覚障害者の伴走の説明がありました。
手と手にひもを握って50cm以内の距離とします。距離は相手と相談します。
ひとりは左手、ひとりは右手にひもを握って前後するのですから、
足は、二人三脚のようになります。
段差などは、程よいタイミングで伝えることが大切です。

そんな感じで1時間の説明と練習があって、その後4時間のランニング時間がありました。

とてもよい天気で皇居の周り、1周5kmにはたくさんのランナーがいました。
宇佐美氏に、初ランニングであることを言ったら、歩くくらいの早さで走るようにアドバイスされ、スタートしました。
自分のペースを全然知らないから、できるだけゆっくり走って、5kmが30分でした。
ボランティアさんが給水給食を用意してくださっているので、お休みしました。
15分休んで2周目に出ましたが、走ることができず、ほぼウォーキングで45分で1周しました。
30分は速すぎるから35分で1周するようにアドバイスを受けて、3周めは歩かないで走ることだけを目標にしました。すごーくたいへんでした。
他の人たちが休憩の時にいろいろ話しかけてくださるので、なんとか走れたようなものです。
ひとりだったら、もう帰っていましたね(^^)
宇佐美氏は足のマッサージをして下さいました。
脛の骨にそって強くマッサージしていきます。
最後に4周目は皇居の周りの景色を観ながら、50分でウォーキングしました。

帰る時に駅の階段を降りるのに、右ひざが痛くて、普通には降りられませんでした。
右利きの人は、どうしても右足を使い、左足を使いきれない癖ができているそうです。

いろいろわかったことが多かった、初ランニングでした。
posted by たびのくま at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

スポーツボランティア

tokyo11081.jpg

第14回東京シティマラソン・RUN&WALKに、救護ボランティアで参加しました。
http://www.nsva.or.jp/

写真は新潟中越地震被災地で作成していただいたという木のトロフィーです。
フルマラソン、ハーフマラソン、10kmマラソンの
男女それぞれ1位から3位、計18名に授与されました。

フルマラソン、ハーフマラソン、10kmマラソンのコースには、
それぞれ200人くらいが参加して皇居の周りを走りました。
他のスポーツイベントも同じ場所で複数行われていましたが、
進行はとてもスムーズで、NSVAの経験の深さを感じました。

幸い、救護の出番はほとんどなくて、ゴールテープ係なども行いました。
選手のゴールの喜びが伝わって、とても感動しました。

マラソンを始めようかなーという気持ちになったところで、
帰りにご一緒した70歳代以上と思われるご年齢の
女性ボランティアさんから情報を得ました。

障害者の伴走ボランティアを訓練しているグループです。

毎週土曜日に練習しているクラブ
http://www.h6.dion.ne.jp/~okimo10/

第2,4,5日曜日に練習しているクラブ
http://achilles-track-club.hp.infoseek.co.jp/

第1日曜日に練習しているクラブ
http://www.jbma.or.jp/

posted by たびのくま at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。