2014年04月27日

森になる

「森になる」のヨーロッパポジティブ心理学会議2014リハーサルセッションを聴きに行きました。

森になる」は樹木葬を考える団体です。
墓碑の替わりに木を植えます。

スウェーデンでは世界遺産になっている「森の墓地」があります。


この日のお話しは、311後のPTG(トラウマ後の成長)研究が元になっていました。
3名の方がお話しされました。




聴きにいらしていた方々も個性的な方々でした。

終わってからコメンテーターの甲田烈さんと四方山話して面白かったです。

ありがとうございます。
posted by たびのくま at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

描き初め

2013-01-02 10.56.20.jpg
とびだすカードを作成しました。

14日からの展覧会に
たくさんの人が来てくださったらいいな。

まなざし展21


posted by たびのくま at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

動物の絵

panda.jpg

展覧会が近いので動物の絵をたくさん描いています。

動物達の形は個性的で、描いていても楽しいです。
ありがとう、自然。

posted by たびのくま at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

少しだけ、できること

2012-12-16 10.49.31.jpg
南三陸町から、復興お山のマドレーヌ届きました。
転職するので、今の職場への感謝のご挨拶用です。

このお菓子は、来年1月、
カフェ・ギャラリーゑいじうで展覧会を行なう際にも
販売します。

2012-12-17 09.47.09.jpg
それから、絵を頼まれていて、描いてみました(^^

2012-12-16 20.35.08.jpg

夜は、びん笛合奏団、ラ・マーズ関係者の忘年会で、
南三陸に行った時の記録映画を観ました。
すてきでした〜
posted by たびのくま at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

いっていらっしゃい、よい旅を

2012-10-04 09.18.05.jpg

10代からの友達が突然の病気で亡くなりました。
写真の木の人形は、
10代の頃に誕生日プレゼントでいただいたものです。

お通夜に行った後、
30代の頃にいただいた手紙を読み返したりしました。
とても勉強家で今は大学教授でした。
旦那様は癌の専門医ですので、
病気がわかった時の驚きはどんなだったろうと思います。

20歳前後だったと思うのですが、
いただいた手紙の中の言葉が私の宝物です。

・・・そして人生ってさびしいから、
あなたとはいつまでも友達でいたい。

その後、ヒロコの人生はさびしいものではなくて、
ここしばらくは連絡とっていないし、
同期会で会ったのも、たぶん2度目の成人式が最後でした。

いっぱい笑える思い出があるから、
またいつかどこかで会ったら、笑えるだろうと思います。

だから、いっていらっしゃい、よい旅を。
posted by たびのくま at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

この空の花

映画「この空の花」を観ました。
長岡の花火の映画です。

この空の花

長岡の花火は慰霊の花火です。
長岡の花火

(長岡空襲のサイトから引用)
長岡は新潟県第二の都市であり、1945年7月時点での市の人口は74,508人でした。空襲を受けたのは、1945年8月1日の午後10時半からです。この日、テニアン島から離陸した第313航空団のB-29爆撃機125機(爆撃分だけの機数)が志摩半島から富山湾に抜け、新潟県に侵入して長岡市とその周辺に多量の焼夷弾を投下し、福島県へ脱出しました。投下した焼夷弾は重さにして925トン、焼夷弾の子弾の数では15万発以上になるといわれています。


 夜の10時半に始まり、翌2日の零時10分まで約100分間続いた無差別の焼夷弾攻撃は、長岡の町を火の海にしました。猛火の前では消防車も退避せざるを得ず、市民による縄製の火たたきやバケツリレーによる消火は危険に身をさらす行為でした。長岡市役所では鶴田義隆市長のもと、消火活動に当たりましたが、非難時期を逸してしまい、市長は市役所隣の北越製紙本社裏の防空壕内で亡くなりました。

慰霊の白い花火


長岡には模擬原爆も落とされました。

(模擬原爆のサイトから引用)
日本に対する高高度(高度3万フィート「約9千メートル」)からの人類初の原爆投下を成功させるための投下訓練と、爆発後の放射線から逃げるための急旋回(急転、退避)の訓練を目的として、米軍第509混成群団は、1945(昭和20)年7月20日から8月14日にかけて、東京、富山、長岡(新潟県)、敦賀(福井県)、福島、島田(静岡県)、焼津(静岡県)、浜松(静岡県)、名古屋、春日井(愛知県)、豊田(愛知県)、大垣(岐阜県)、四日市(三重県)、大阪、和歌山、宇部(山口県)、新居浜(愛媛県)など1都2府15県29市町(現在の自治体数)の44目標に模擬原爆49発を投下(計18任務、延べ50機)、約420人が死亡、約1200百人が負傷した(「春日井の戦争を記録する会」の調べ。なお、模擬原爆と判明したのは1991年)。

すなわち、原爆開発と並行して、1944(昭和19)年9月から原爆投下の準備を始めていた米軍は、同年12月に西太平洋テニアン(Tinian。マリアナ諸島にある小島。太平洋戦争における日米の激戦地。アメリカ合衆国の自治領、北マリアナ連邦に属する)の米軍基地に将校225人下士官1542人からなる「第509混成群」(暗号名「8888」)の隊員を召集、翌1945年2月にテニアンを投下の発進基地と決定、同年5月から6月にかけてマリアナ海域で投下訓練を始め、同時に7月20日から日本本土で原爆模擬弾投下訓練をすると告げ、ポール・ティベッツ中佐を第393重爆飛行中隊長に任命していた。
8月9日に長崎に落とされたプルトニウム型の原爆「ファットマン」を模していた模擬原爆は、ファットマンとほぼ同じの形長さ3・5メートル、直径1・5メートル、重さ4・5トンのずんぐり型のその形状がカボチャによく似ていたところから、米軍内部では「パンプキン(かぼちゃ)爆弾」と呼ばれていた。
この模擬原爆には、通常の火薬(TNT火薬1万ポンド。1ポンドは16オンス、約453.59グラム。1万ポンドは約4.5トン)が充填されていたので、投下地点ではかなりの被害が出た。しかし、厳しい報道管制で事実は報道されず、多くの国民には知らされなかった。



また、山本五十六の生まれ故郷です。
(2011年12月8日配信『毎日新聞』)
真珠湾攻撃70年:オバマ大統領「追悼の日」=太平洋戦争の口火を切った旧日本軍によるハワイ真珠湾攻撃から7日(日本時間8日)で70年となる。オバマ米大統領は7日を「追悼の日」と宣言し、3500人以上とされる米国側の死傷者について「自由のために身をささげた」とたたえた。

 オバマ大統領は7日発表の声明で、真珠湾攻撃で亡くなった米兵らの家族に対し「我々は思いを寄せ、祈りをささげている」と述べ、ミシェル夫人と共に、2400人以上の死者に追悼の意を表明。「勇敢に戦い、祖国を鼓舞し勝利の道へと導いた」と米兵らの功績をたたえた。現地では旧日本軍の攻撃が始まった時刻に合わせ7日早朝(日本時間8日未明)、記念式典が開かれる。
 レイ・メイバス海軍長官や、東日本大震災で被災地支援の「トモダチ作戦」を指揮したウォルシュ太平洋艦隊司令官ら米軍幹部を含む約3000人が出席する。
 一方、真珠湾攻撃を指揮した旧日本海軍連合艦隊司令長官・山本五十六(いそろく)の生まれ故郷、新潟県長岡市は公募で選んだ大学生8人の訪問団を式典に派遣する。
posted by たびのくま at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

浄化

utsuwa.jpg

酒井蘭子、器展に行きました。
神田の近くのちょっとしたカフェ、すてきなお店でした。
お茶碗を買いました。磁器は塩を入れた水から煮て、
沸騰したら火を止め冷めるまで置くと、強度が増し
長く使えるというので、そのようにしました。

久しぶりに能を観ました。
国立能楽堂で学生向けの能楽鑑賞教室でした。
狂言「柿山伏」と能「葵上」、とてもよかったです。
能は感情の浄化の芸術だと思います。
そのあとすごい台風が来て空気も浄化されました。
posted by たびのくま at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

サラの鍵

himawari.jpg
復興の花ひまわりの芽が出ました。
種が青く塗ってあって、乾燥しないためだそうです。
10日くらい前に4つ埋めて、今日4つめが出ました。
プランターなのでどこまで大きくなるか難しいですが。
あと11個あります。希望者さんはご連絡くださいね。

「サラの鍵」というフランス映画を観ました。
深い浄化の映画でした。
観た後に自分が変わっている映画がたまにありますが、
これはそういう映画の1つでした。
ありがとうございます。
posted by たびのくま at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

きらきらの光

fum31111.jpg
恵比寿ガーデンプレイス・ホールでリハーサル中の渡邊さん。

今日もたくさんのきらきらの光をみました。

どうか、みんなが幸せでありますように。
posted by たびのくま at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

祈り

北極地りす1.JPG
北極ジリスです。

明日は恵比寿で祈りを表現した自由お絵描き会を開催します。
ふんばろう東日本支援プロジェクトのイベントの入場無料エリアで
13時からと17時からです。
http://wallpaper.fumbaro.org/en_kizuna

風の中で
光の中で
水と共に
大地と共に

posted by たびのくま at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

さまざまな表現

art02051.jpg

表現アートセラピー@むさしの、を行いました。
場所のご用意の方やお茶担当の方のご協力で、
参加者さんに喜んでいただけました!
ありがとうございます。

先日の展覧会の報告はこちらです。

まなざし展

みなさま、ほんとうにありがとうございます。
posted by たびのくま at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

ふわふわ

01241.jpg

昨夜はたくさん雪が降りました。

まなざし展は開催10日目です。

雪が凍って足元が悪い中、
ふんわり笑顔の赤ちゃんを連れてお友達が来ました。
3年ぶりに会ったけど、時間の距離感は無いものですね。

それから、
ふわふわのシフォンケーキを持ってきてくれたお友達は、
絵描きさんだから、指ががさがさになってしまうそうです。

東北支援の物販はどんどん売れています。
応援したい気持ちの人が多いなあと思います。
すてきなことです。
posted by たびのくま at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

漁師さんのお話会

mana14.jpg

まなざし展にて、招待作家の平野さんのお父様によるお話し会がありました。
南三陸の牡蠣漁師さんです。

わかめや牡蠣の養殖は再開しているそうです。

牡蠣は震災前より大きくなるのがずっと早いそうです。
それは、海の中に牡蠣のいかだが少ないから、
栄養分がたくさんあることが理由と考えられるそうです。

住んでいた土地はどうなるのだろう、
牡蠣やわかめは売れるだろうか、
など問題はたくさんあります。

けれど、
たくさん生まれた新しいつながり、
全てに感謝できるという言葉が印象的でした。
posted by たびのくま at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

厄落とし

歌舞伎を観にいきました。
うららかな新春の1日です。

三人吉三巴白浪(さんにんきちざともえのしらなみ)

月も朧に白魚の 篝(かがり)もかすむ 春の空
冷てえ風にほろ酔いの 心持ちよくうかうかと
浮かれ烏(からす)のただ一羽 ねぐらへ帰る川端で
竿の雫か濡れ手で粟 思いがけなく手にいる百両

(呼び声)おん厄払いましょう、厄おとし

ほんに今夜は節分か 
西の海より川の中 落ちた夜鷹は厄落とし 
豆だくさんに一文の 銭と違って金包み 
こいつは春から 縁起がいいわえ


もう1本の、
「奴凧廓春風(やっこだこさとのはるかぜ)」には、
幸四郎、染五郎、
そして幸四郎の孫で小学1年生の松本金太郎が出演し
しっかり演じていて微笑ましかったです。

終演後、常磐津和英太夫(鈴木英一氏)と、
舞台に出っ放しで声ががらがらの染五郎さんとの対談があり、
舞台裏のお話を聴くことができました。
すばらしかったです。
posted by たびのくま at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

復興支援のお買い物をしましょう

kesen11.jpg

kesen21.jpg

銀座の「いきなり市場」に行きました。

http://blog.goo.ne.jp/akazara_boy/e/954f31d4a5d656b6828fdb7b8e06356d



復興支援のお買い物をしましょう。


南三陸町deお買い物

http://www.odette-shop.com/products/detail.php?product_id=5

ゆめ多幸鎮

http://ms-octopus.jp/

大槌復興刺し子プロジェクト

http://osp2011.web.fc2.com/index.html

三陸ハンドメイド

http://www.nbc-sakusen.com/
posted by たびのくま at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

ネイティブ・アメリカンの言葉

hachiman1.jpg
家の近くの八幡宮は銅の鳥居です。
八の字が鳩です。


ネイティブ・アメリカンの言葉を引用します。


インディアンの富は
持っているものではなく
与えるものではかられる
これがインディアンのいう「与える人」の真意だ



そこにたどりつこうとあせってはいけない。

「そこ」など、どこにもないのだから。
 
本当にあるのは「ここ」だけ。
今という時にとどまれ。
体験をいつくしめ。
一瞬一瞬の不思議に集中せよ。
 
それは美しい風景の中を旅するようなもの。
日没ばかり求めていては
夜明けを見逃す。
posted by たびのくま at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

情熱

土曜日に大樹さんのライブに行きました。
全身全霊での歌声を浴びて、浄化されました。
ありがとうございます。

http://asiasunrise.jp/


1月の展覧会への情熱が増しました。
今のところみつけた、東北のお買い物リンクです。
1月までにたくさん探します。

http://www.odette-shop.com/products/detail.php?product_id=5

http://ms-octopus.jp/

http://www.nbc-sakusen.com/

http://ameblo.jp/yoka-toshoka/entry-11059653984.html
posted by たびのくま at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

修羅場

今日の「極上美の饗宴」は、好きな画家、速水御舟でした。

「京の舞妓」は、画面の全てにピントが合った作品で酷評され、ご自身でも失敗だと思い、
その後の「炎舞」で時間と状態の移ろいを描くことができた、という解説でした。
すごいことです。

その後の、「プロフェッショナル仕事の流儀」では、
私の最初の就職先である虎の門病院、血液内科の先生の話題でした。
どんな現場かわかっているだけに、感慨深かったです。

修羅場が人を育てるというのは、ほんとうのことです。

posted by たびのくま at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

kizu.jpg

時々、印象的な夢を見ます。

今朝のは、巫女さんの格好して、神社の白い砂の所を掃除していました。
砂の表面に埋まっている上の絵みたいなものを掘り出して、きれいな砂にしています。
いくつもいくつも埋まっているのをひとつひとつ掘り出して、きれいにしていて、
眼が覚めました。


昨日は、「対話の会」に出席しました。
相手が言いたいことの要点を、相手の言葉で確かめる「確認型応答」の練習です。
昨日は、東日本大震災の支援者、被災者の方の集まりで、
それぞれ個性的な考えで行動している方々で、
ほとんど全員初対面なのに、のびのび気持ちがよくて安心感がありました。


それから夜に観たNHKのテレビ番組も興味深かったです。

「白熱教室」のサンデル教授が日米中の若き知性と議論していきます。
テーマはテロリズムでした。
アメリカのビンラディン殺害に正義はあるのか、
死刑についての考え、
テロリストにハイジャックされて大都市を危険にさらす航空機があった場合
それを打ち落とすことの是非、などでした。

そういうことを話さなければいけない今の地球が悲しいけれど、
みんな真剣に考えて意見を言っていました。


そういったことで、この夢をみたのだと思います。
posted by たびのくま at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

よかったなあ

アメブロで、展覧会の参加者を募集しています。
http://ameblo.jp/shiawasedikara/

お問い合わせが何件かあるうち、中学生の方からのご連絡がありました。
丁寧な言葉遣いで、ご自分の作品へのリンクもついていました。

詳細を送付しつつ、保護者の方にもメールを読んでいただくようにお願いしました。
「まだ私には早い」ということで参加されないことになったのですが、
その返信の中に、こういうお言葉があり、嬉しかったです。

まなざし展のような展覧会の存在を知ったことは私にとって
大きな励みになりました。これからはもっと技術を高めていけるように
頑張って行こうとおもいます。

よかったなあと思いました。
posted by たびのくま at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。