2010年03月14日

春の1日

rakuyamato1.jpg
新宿3丁目、楽yamatoのお昼ご飯です。
http://www.yamato-sinjuku.jp/
お豆腐ベースのお食事です。
おから入りお味噌汁、豆ご飯、おから茶も美味しいです。
ありがとうございます。

夕方から、宮下昌也さんの個展に。
http://pub.ne.jp/hoshimitei/

13日は宮下さんとゑいじうのママさんのお誕生日で、
音楽の時間がありました。
まさきさんによるボサノバ、
ウッディモジャさんによるチャップマンスティックでの宇宙の音のような即興演奏、
http://www.mizyzy.com/stick/profile/
尾引浩志(倍音S)さんによる、弦楽器イギルの演奏とホーメイ(喉歌)、口琴の演奏、
http://www.vions.jp/
それから、もうおひとりがトルコの楽器、サズの演奏。
ありえないくらいの贅沢な時間でした。
ありがとうございます。

それからお友達と、杏花之家に行きました。
優しい味のお料理で、美味しいです。
フロアの人が日本語が少し苦手で、
水餃子を注文したのが、メニューでお隣の青梗菜いためになりました。
それで良いです、と言ったのですけど、
ご主人からのサービスということで水餃子を出して下さいました。
ありがとうございます。

それから、以前から気になっていた、荒木町の坊主バーに。
http://vowz-bar.com/
あたたかい雰囲気のお店です。
愛欲地獄カクテル(ハブ酒ベース)をいただきました(^^)。
ありがとうございます。



posted by たびのくま at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

それぞれの表現

llama1.jpg

3月22日に友人たちが、みいやカフェでイベントをします。
http://www.miiya-cafe.com/

出演する茶水ファンタのサイトです。
http://chamizu-fanta.com/

posted by たびのくま at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

椿姫

港区の文化芸術フェスティバル第1回目、「椿姫」を観てきました。
区民とともに創るオペラで、区民公募の合唱団に友人が出演していたからです。
すばらしい舞台でした。
posted by たびのくま at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

SO-SOライブ

nekokusa1.JPG
猫のさくらが食べる麦の若葉です。

SO-SOのライブに行ってきました。
とても贅沢なたくさんの音楽、
売春婦の死を悼む音楽、
みんなでつながれる音楽、
ピュアに世界を変えていく音楽、、、

沖縄センター、どぅたっちにて、
韓国の日本軍従軍「慰安婦」被害者の記録として
ソウル市に建設が予定されている「戦争と女性の人権博物館」
の資金集めのためのチャリティライブでした。

終わった後の沖縄料理での打ち上げも楽しかったです。
今までいろいろなライブハウスに行ったけれど、
これまでの経験にない感じで新鮮でした。

http://www.sosoband.com/

posted by たびのくま at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

7オクターブ

sen1.JPG

林英哲の和太鼓演奏では、ひとつの和太鼓で、
7オクターブの音色が出ているということが、
NHK BShiの番組「アインシュタインの眼」で
検証されました。

太鼓の演奏の特徴は、壁からの反響があるため、
劇場のどこの席で聴いたとしても、
いろいろな方角から音が届くという点です。
また、耳で聴くだけでなく、皮膚も振動しています。

林英哲の太鼓は20年使い続けているので、
皮が柔らかくなっていて、振動の幅が大きいです。
演奏中は常に振動していて、
バチが触れる時に、振動の波のどこに当たるかで、
音が変わります。

演奏の時には耳で聴こえない高周波も出ています。
高周波を含んだ録音の音楽を聴く時には
脳波にα波がみられますが、
同じ録音から高周波のみを取り去った音楽を聴く時には
α波はかなり減ります。

林英哲は良い演奏をするために、
走って体力を維持しています。
さらに自然のせせらぎの中に身をおいて、
「自然の音を身体にしみ込ませる」ことが大切です、
ということでした。

posted by たびのくま at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

いつもと同じ一日

natsu081711.JPG

二日半のお休みがありました。
夏休み日記です。
15日土曜日午後、オペラシティで侍BRASSのコンサート。
http://www.superkids.co.jp/samurai/

1年前に行って感動してから、1年待っていました。
一緒に行った友人が言うには、
「自分の中の死んでしまった細胞がふつふつと蘇る感じ」
ほんといきいきとした演奏でした。


16日日曜日午後、ルテアトル銀座で芝居「齋藤幸子」

作:鈴木聡・演出:河原雅彦

出演:斉藤由貴・きたろう・粟根まこと・千葉雅子・明星真由美・中山祐一郎・松村武 他

ラッパ屋第30回公演で2001年に上演された作品を、
違う演出、違う役者で。
しみじみとした味わいの舞台です。
栗根まこと、おそるべし。
行こうと誘ってくれた友人が急に行けなくなり、
急遽別の人と行ったのだけど、
「見ておいてよかった」と言われました。


17日月曜日、友人の店の商品説明作りと都内をお散歩。
昼間作ったお料理は、板麩の卵とじ、
刻んだいぶりがっこと白ごま入りのおいなりさん。
どちらも、とてもおいしかった(^^)
夜は友人の店に納品に行ったあと、
神楽坂のHIDE MARGHERITAへ。
「今まで食べたピザの中でいちばんおいしかった」
と言われたので、ハッピーでした。

posted by たびのくま at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

びん博士

試聴室1.JPG

試聴室2.JPG

先日、びん笛グループ、LaMARSの演奏と、
びん博士のライブを聴きに行きました。

昭和の中ごろまで、ガラス瓶は手作りでした。
その頃のガラスは微妙に濃淡があります。
そんなガラス瓶に魅せられ、自宅に6万本のびんを集め、
びん博物館にしている大学の先生がいらっしゃいます。
歌とギターもすてきです。

博士の息子さんと、博士のお仲間の3人で、
博士の弟さんの創った曲を歌い、すばらしかったです。
最後にLaMARSと一緒に演奏した博士の曲も良かった。

LaMARSはこの日はオリジナル曲が多くて楽しかったです。
posted by たびのくま at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

楽器のない音楽会

hikari11.JPG

面白そうな音楽会のご紹介です。
びん笛ラマーズのメンバーが、今回はひとりで出演します。

2月15日日曜日13時から、
川崎地下街アゼリア、サンライト広場です。

出演は以下の方々です。

OMU☆CHA:アカペラ・エンターテインメントグループ
あぜ道楽騒団:ケロミン(パペットの形をした電子楽器)
さち:びん笛ラマーズ
鈴木キヨシ:パーカッショニスト
はた のぼる:野菜演奏家

http://www.ongakunomachi.jp/



posted by たびのくま at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

すきな音

PNB21.JPG

秩父鉄道、親鼻駅近くのギャラリーに行きました。
さん子の楽器作り教室で、子供たちがいっぱい!
良い空気の場所で楽しい時間を過ごしました。

PNB11.JPG

お店には暖炉があります。
コーヒーとホットサンド、とてもおいしかった。
お店のひとたちもステキでした。
ありがとう。

PNB−1253


posted by たびのくま at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。