2014年08月17日

漢方のお話し5(風邪のひき始めに)

風邪のひき始めに使う漢方薬をご紹介します。
いずれもお湯に溶いてお茶のようにふうふうしながら服用すると、より良いです。

葛根湯
風邪の初期に、頭痛、首の凝り、発熱があって汗が出ていない場合に服用します。汗を出して風邪を治します。汗が出たら、服用を止めましょう。

麻黄湯
関節痛と高い熱、寒気があって、汗が出てない場合に服用します。インフルエンザ様の時です。汗が出たら、服用を止めましょう。

麻黄附子細辛湯
風邪の初期に、咽喉がちくっとしたり、くしゃみや水っぽい鼻水が出て、冷えがある場合に服用します。身体を温めて治します。

香蘇散
上の3つは麻黄が入っていますので、胃腸虚弱な方は食欲不振を起こす場合があります。その様な体質の方の風邪の初期にはこちらが良いです。


posted by たびのくま at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢方のお話し4(植物のちから)

植物は葉緑体があって光合成を行い、
空気中の二酸化炭素と根から吸収した水を使い、
生きていくために必要な栄養素と酸素を作ります。

その他に、病気から身を守り、動物に食べられないようにするための物質も作っています。
例えば、針葉樹が作り出すフィトンチッドの抗菌作用、
ミントの防虫作用、茶葉のカテキンの殺菌作用などがあります。
また紫外線から身を守るため、抗酸化作用のあるフラボノイドなどを多くの植物は持っています。
キノコの成分であるβグルカンは免疫機能を高めます。

つまり、野菜をいただくことは食物繊維ばかりでなく植物の持つ生命力もいただいていることになります。

このような植物が持っている力を組み合わせ特化して薬としたのが漢方薬です。
漢方薬は処方箋なしで薬局で購入できます。
長期に使う場合には、漢方薬中心の治療を行なっている診療所を受診して処方箋を出していただくと、保険が適用されて良いと思います。
その他に、漢方相談薬局があって、こちらは保険診療ではなく、直接カウンセリングして漢方薬を調合する薬局です。

posted by たびのくま at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

漢方のお話し3(漢方とは)

6世紀頃中国から医学が伝来して以来、日本の医学として発展していました。
江戸中期にオランダから西洋医学が伝えられ、蘭法と呼ばれました。明治時代には西洋医学を日本の医学とする制度が定められました。蘭法と区別するために従来の医学を漢方、漢方医学を行なってきた医師を漢方医と呼び、漢方医学は制度の上で危機に瀕しました。

第二次大戦後、漢方専門医が結集して日本東洋医学会を設立し、漢方医学の発展に努めています。
漢方医学は中国では中医学、韓国では韓医学と呼ばれ、世界的には伝統的中国医学の名称で呼ばれています。
漢方は日本漢方のことで、Traditional Japanese MedicineまたはKampo Medicineと英訳されます。

漢方の発想は、心と体は不可分であり患者の苦痛を身体の症状を見ながら治療法を探るという考え方です。昨今は統合医療が重視されつつあり、漢方の効果が見直されてきています。
また、漢方の発想には「未病の治す」という考え方もあり、予防医学としても役立っています。
posted by たびのくま at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢方のお話し2(漢方の魅力)

漢方は長い歴史の中で、生薬を足し算して患者さんに対しての使用経験を積み、新しい薬を作っています。

新見正則医師は漢方の魅力を妖怪と捕らえています。
例えば柴苓湯という薬は小柴胡湯と五苓散を合わせたもので12の構成生薬からなります。
柴苓湯の免疫抑制作用について、マウスに移植した心臓の拒絶反応を抑制する日数を調べる実験を行いました。その結果12の構成生薬のどの1つが欠けても柴苓湯のようには効き目が出なかったという結果を得ました。
『本当に明日から使える漢方薬』新見正則著、新興医学出版社より引用
posted by たびのくま at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

漢方のお話し(はじまり)

漢方にまつわるお話を少ししていこうかなあと思います。
漢方薬は乾燥などの簡単な処理をしただけの天然薬物(生薬(しようやく))を用いています。
生薬は複雑な成分を含んでいるため,配合のしかたによって効力を増したり,なくしたりします。
配合の内容は3世紀頃に書かれた本に始まっています。
それからずっと経験的に使われてきています。
posted by たびのくま at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

太陽光発電3

今日は持ち運びできる太陽光発電装置組み立ての講師に招かれました(^^)

今日の場所は赤羽の「いのちのギャラリー」です。
2013-12-01 13.03.16.jpg
ここは永山則夫氏の遺品が展示されています。

今回の参加者さんは、税理士さん、区議さんなど、意欲的な方々でした。
いつものように説明した後に、秋葉原遠足に行きました。
2013-12-01 14.19.23.jpg

組み立ての時には”ハンダづけ王子”さんが応援に来てくださいました。
ありがとうございます。
私は、参加者のみなさんに質問をし続けました。

「はい!今は、何と何を、何のためにつないでますか〜」

ということで組み立ての写真を撮っている時間がなかったので、
前回のリンクを参照ください。
太陽光発電2月

参加者さんが、「わ!ついた!電気が流れた!」と
感動してくださる笑顔が嬉しかったです。
ありがとうございます。

たくさん使ってくださったら嬉しいです。
コーディネーターさん、声をかけてくださって、ありがとうございます。

そんな楽しい時間を永山氏の笑顔が見守っています。
2013-12-01 17.03.39.jpg

終わってから野方餃子に行きました。
ほんとうにお腹がすくんです。
ありがとうございます。
2013-12-01 18.31.22.jpg
posted by たびのくま at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

生薬・漢方薬

2013-07-21 08.39.32.jpg
近所の白い夾竹桃です。

今日は朝から選挙に行って、
その後、生薬の勉強に参加しました。
昨晩も漢方薬の勉強でした。

自分自身、薬を飲む場合、
抗生物質以外は、ほぼ漢方薬です。
今年は既に3回風邪をひいています。
とほほです。

漢方薬には特徴があります。
1.病気の部分を攻撃するのではなくて、
身体の元気を回復することに焦点が当たっています。
2.有効成分の量は一般に西洋薬より少ないが、
生薬の組み合わせで効果が出ています。

質のいい生薬が減ってきているようです。
安いことだけ追求しても、だめです。
そのことは他の食べ物と同じですね。

posted by たびのくま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

Om

2013-05-04 08.42.45.jpg

昨日、チベット・フェスティバルで購入したブレスレットです。
梵字を調べたら、Omという字でした。

チベットの真言(マントラ)の一部です。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務局のサイトより。

オム・マニ・ペメ・フム

posted by たびのくま at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

太陽光発電の組み立て会

今日は、旧暦の新年です。

太陽光発電の機器を作る体験を友達と共有できました。

2013-02-10 14.02.01.jpg

まずはfacebookで事前勉強会をしました。
その資料を元に、それぞれ、調べて勉強して来て下さっていました。
すばらしいことです。

8名で秋葉原で機材買い出しツアーしました。
お店は、秋月電子、千石電商です。

歌手の高原さんにとっては、宇宙旅行なみの別世界だったそう(^^

それから、十条にあるとってもすてきなお家で組み立てしました。
写真はその時のものです。
みなさん、会話がめちゃめちゃ面白かったです。

半田付けが得意な方が2名いらして、助かりました。

こうして少しずつ広まっていったらいいな。

夜はNHKで、原発の最終処理場が無い、
世界的にも2カ国のみ、という特集番組をやっていました。

posted by たびのくま at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。