2014年09月23日

漢方のお話し24(先天の気)

東洋医学では、人には「先天(せんてん)の気」と「後天(こうてん)の気」があると考えられています。
「先天の気」は、その人が生まれながらに持っているエネルギーのことで「腎(じん)」に蓄えられています。
自然の成り行きとして、年齢を経るごとに減少していきます。
生活習慣の乱れやストレスでもすり減ってしまいます。
「後天の気」は東洋医学の「脾(ひ)」と関係が深く、「脾」は西洋医学でいうと、胃腸などの消化器系を意味します。
後天の気は、暮らしの中で補充できるものです。

「先天の気」の衰えを補う漢方のお話です。

八味地黄丸(ハチミジオウガン)
一般的に高齢の人に用いることが多く、体力が低下し、顔色もすぐれず、冷えをともなうときに使われます。
足腰の痛みやしびれ、腎機能低下にともなう夜間頻尿、性機能低下、乾燥肌のカユミや湿疹、前立腺肥大症や糖尿病に使われます。

8種類の生薬からなります。
地黄:貧血症状を改善し元気をつける作用
山茱萸、山薬:滋養強壮作用があり、地黄の働きを高める
茯苓、沢瀉:水分循環をよくする生薬
牡丹皮:を治す生薬で、血行障害を改善し血のめぐりをよくする
桂皮、附子:体をあたため痛みをとる
 
牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)
八味地黄丸に牛膝と車前子を加えたものです。
体力をつけ、また、水分の循環をよくする作用があります。
足腰や泌尿生殖器など下半身の衰えに使われます。

牛膝、車前子:水分の循環をよくし無駄な水分を取り去ります。

posted by たびのくま at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405875977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。