2014年08月31日

漢方のお話し15(認知症など)

温胆湯(うんたんとう)

この漢方はツムラのエキス剤には無くてコタローとイスクラにあります。そして2つの会社で生薬の構成が少し違います。

コタロー
温胆湯は、脾胃の機能が低下したために起こる痰湿に対する二陳湯(半夏・陳皮・茯苓・甘草・生姜)に清熱化痰の竹茹、理気の枳実を加えています。
胃腸機能が弱い方で、感冒などで発熱が長引き、あるいは解熱後、咳が出て痰が多く、不眠を訴える場合(精神不安、心悸亢進などを伴うことがある)に用います。
不眠・不安・イライラなど季節や環境の変わり目に。

イスクラ
温胆湯は、胃腸虚弱者の不眠・神経症に用います。
半夏・陳皮・茯苓・甘草・生姜・竹茹・枳実・黄連・酸棗仁・大棗
チクジョ、ハンゲは、身体に溜ったいらない水分を代謝し、 身体の熱を静めます。
チンピ、ブクリョウ、キジツ、ショウキョウは、胃腸の動きを 改善し、細胞に溜った、いらない水分を代謝します。
サンソウニン、オウレン、カンゾウは、胸苦しさを取り、気持ちを安らかにします。

温胆湯や加味帰脾湯(漢方のお話し14)、抑肝散(漢方のお話し15)など、認知症に効果のある漢方薬がいくつかあります。
このような漢方薬を使うことで、元気に日々を過ごせるようお手伝いをしていきたいです。


posted by たびのくま at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404664407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。