2014年08月17日

漢方のお話し5(風邪のひき始めに)

風邪のひき始めに使う漢方薬をご紹介します。
いずれもお湯に溶いてお茶のようにふうふうしながら服用すると、より良いです。

葛根湯
風邪の初期に、頭痛、首の凝り、発熱があって汗が出ていない場合に服用します。汗を出して風邪を治します。汗が出たら、服用を止めましょう。

麻黄湯
関節痛と高い熱、寒気があって、汗が出てない場合に服用します。インフルエンザ様の時です。汗が出たら、服用を止めましょう。

麻黄附子細辛湯
風邪の初期に、咽喉がちくっとしたり、くしゃみや水っぽい鼻水が出て、冷えがある場合に服用します。身体を温めて治します。

香蘇散
上の3つは麻黄が入っていますので、胃腸虚弱な方は食欲不振を起こす場合があります。その様な体質の方の風邪の初期にはこちらが良いです。


posted by たびのくま at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。