2013年06月10日

砂曼荼羅

sunam.jpg

チベットフェスティバルトウキョウ2013で、
タシルンポ寺の僧侶様達が制作した砂曼荼羅の砂です。
申し込みしていて、送られてきました。

仏、菩薩の方々の御身体(身)、御言葉(口)、御心(意)の三つは、
それぞれ異なった功徳・良質を具えておられます。
それら異なった性質を現すために、曼荼羅も身口意の三つに分かれます。

この砂は、フェスティバルで制作されていた三つの曼荼羅をあわせた砂です。

僧侶の方々が観想しながら制作する砂曼荼羅には、
その砂の一粒一粒に仏が宿ると言われています。

東北で亡くなられた方々のご供養と、東北の復興祈願を込めて、
岩手県大槌町の赤浜海岸にて、砂の一部は海に流されます。

ありがとうございます。
posted by たびのくま at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。