2010年04月11日

江戸の芸を味わう

sakura040921.jpg

浅草、茶寮「一松」で常磐津の演目を観ました。
素浄瑠璃「年増」
浄瑠璃、常磐津和英太夫、常磐津松希太夫
三味線、常磐津文字絵
所作事「屋敷娘」
立方、松本幸峰(踊り、すてきでした!)
浄瑠璃、常磐津和英太夫、常磐津松希太夫
三味線、常磐津文字絵

三味線の、常磐津文字絵さんのホームページより
http://tokiwazu-mojie.com/info.html

その後、交流会があって、
和英太夫さんがスペインでフラメンコと共演したことなどのお話を聴きました。
声を出す前に一瞬の「ため」が必要だからタイミングが難しいそうです。
フラメンコのカンテをやっている関口さん(laLOLI)
とテーブルが一緒でお話を聴けたこともよかったです。
フラメンコの場合は、歌とギターと踊りのそれぞれが持ち回りで主導権をとるそうです。

posted by たびのくま at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 常磐津 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146270369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。