2009年12月20日

初ランニング

今日はNSVAのイベントに参加して、ランニングしました。
http://www.nsva.or.jp/

オリンピックに3回出場している宇佐美彰朗氏が代表です。
http://www.usami-akio.com/

最初に宇佐美氏のウォーキングレッスンでした。

足の親指、小指、踵の3点で地面を捉え、体重を載せます。
そして膝小僧が足の甲の上に乗るイメージで、1本の線の上を歩くように足を運びます。
手はお祈りする角度から、肘の先端を前後に動かすイメージです。
ジョギングは、ウォーキングから少し前傾することで速めに足が運び出されます。
膝を運ぶイメージです。

その後、鈴木邦雄氏により視覚障害者の伴走の説明がありました。
手と手にひもを握って50cm以内の距離とします。距離は相手と相談します。
ひとりは左手、ひとりは右手にひもを握って前後するのですから、
足は、二人三脚のようになります。
段差などは、程よいタイミングで伝えることが大切です。

そんな感じで1時間の説明と練習があって、その後4時間のランニング時間がありました。

とてもよい天気で皇居の周り、1周5kmにはたくさんのランナーがいました。
宇佐美氏に、初ランニングであることを言ったら、歩くくらいの早さで走るようにアドバイスされ、スタートしました。
自分のペースを全然知らないから、できるだけゆっくり走って、5kmが30分でした。
ボランティアさんが給水給食を用意してくださっているので、お休みしました。
15分休んで2周目に出ましたが、走ることができず、ほぼウォーキングで45分で1周しました。
30分は速すぎるから35分で1周するようにアドバイスを受けて、3周めは歩かないで走ることだけを目標にしました。すごーくたいへんでした。
他の人たちが休憩の時にいろいろ話しかけてくださるので、なんとか走れたようなものです。
ひとりだったら、もう帰っていましたね(^^)
宇佐美氏は足のマッサージをして下さいました。
脛の骨にそって強くマッサージしていきます。
最後に4周目は皇居の周りの景色を観ながら、50分でウォーキングしました。

帰る時に駅の階段を降りるのに、右ひざが痛くて、普通には降りられませんでした。
右利きの人は、どうしても右足を使い、左足を使いきれない癖ができているそうです。

いろいろわかったことが多かった、初ランニングでした。
【関連する記事】
posted by たびのくま at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136141445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。