2009年09月29日

エピゲノム

遺伝情報(ゲノム)は遺伝子に記録されています。
遺伝子はDNAとヒストンタンパク質の複合体であるクロマチンを単位として、
発現が制御されています。

DNA塩基配列以外の、(1)DNAのメチル化と(2)ヒストンの修飾で維持・伝達される遺伝情報は
エピゲノムと呼ばれています。これは受精卵でほぼリセットされ、
生まれた後に環境や生活習慣によって書き換えられていきます。

生活習慣が、ある時、エピゲノムの変化をもたらすと、
それが体質や病気として定着するということです。

例えば糖尿病を食事で治せる場合があるのは、
エピゲノムの変化は、また戻せるからであることがわかってきました。
posted by たびのくま at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129088716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。