2014年08月28日

漢方のお話し14(不安感)

帰脾湯(きひとう)

胃腸が弱く、不安感があって、くよくよ考え過ぎて不眠になる場合などに使われます。
胃腸を丈夫にし貧血症状を改善する生薬、滋養強壮作用のある生薬が配合されています。
酸棗仁、竜眼、遠志は、気分を落ち着かせる生薬の組み合わせです。

加味帰脾湯(かみきひとう)

帰脾湯に柴胡と梔子を加えた漢方薬です。ほてりやイライラする症状が出ている場合は、こちらが使われます。


posted by たびのくま at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。